占いに振り回されてない? 占いとの上手な付き合い方☆「占いを活用して自分らしく生きる70の方法」おすすめガイド

占い活用 生き方



 占いに振り回されず、活用し
 自分の味方にする方法

 もう、これは、生き方の本です
 心を扱う方にも読んでほしい❤︎

書籍紹介

タイトル占いを活用して自分らしく生きる70の方法
おすすめ度 5.0                            
著者早田みず紀
出版社マガジンハウス
初版2001年4月19日
定価1,100円+税

こんな人にオススメ

  • 占いに振り回されている人、依存している人
  • 自分らしく生きたい人
  • 心を扱う仕事をしている人

この本を読むことで得られる効果

  • 占いを活用できるようになります
  • よくない結果との付き合い方が上手になります
  • 自分らしく生きるとは、どういうことかわかるようになります
  • 心を扱う仕事をする際、人と関わる時のスタンスが学べます

刺さるポイント

占星術を基盤に書かれてはいますが、各人の占いではなく
占いをどう受け取って”自分らしく生きる”ために活用していくか
が書かれています。これはもう生き方と言っていいですね^ ^
 
今回、本棚の奥で見つけて、久々に開きましたが
たくさん線が引いてありました。
久しぶりに読み返しても、本質的なとてもいい内容です。

改めて、これが自分の中に浸透したんだなあと感じました。

この本のように、古いけれど、本質的でいい本を紹介したくて
私は、このサイトを始めたんだと改めて思わせてもらいました。

———-
この本を語るには、
昔の恥ずかしい話をお話しする必要があるようです。

占いに依存していた時代がありました。

その頃の私は、仕事も恋愛も苦しくて、
どうにもならない感情もいっぱいあって、
どうしていいかもわからなくて

ストレスでいっぱいいっぱいになると、
ある占師さんの元に通っていました。

そこでだけは、全てをさらけ出して、泣ける
自分を受け入れてくれる場所になってました。

(今考えると悲劇のヒロインになれるってことだったかも^^;)

占いという名目でしたが
話を聞いてもらいに行っていたと言った方がいいでしょう。

そんな場所があったことは、本当によかったと思います。

たくさんのいいアドバイスももらって、支えられていました。
けれど、いつしか、依存するようになっていました。

どういうことかというと、
その占師さんにいうことが真実であり、正しい
未来さえも、その人が言う通りになるものと思ってしまっていたのです

もううろ覚えになっているのですが、
うまくいってなかった彼に対して言ったことかなんか
だったと思いますが・・・

ある時、自分がした行動について、反省を込めて言ったら
「なんで、そんなことしたの。そんなことしたらおしまいよ」
と言われた。

その瞬間、「もうおしまいなんだ」と思って泣いたのを覚えています。

でも、その時、ようやく
そのおかしさにも気づけたんですよね。

占いっていうより、
占師さんに依存していたってことだと思いますが。。。
 
占いや人(の言葉)に、依存する、振り回されるって
同じようなことだと思います

昔のような自分に、ぜひ、読んでほしいですね!
 
ちなみに、私は、
それから、心のこと(カウンセリング)を学ぶようになりました。

————-
そんな頃出会ったのが、この本で
この著者・早田みず紀さんのスタンスが好きで
その後、直接、教えを乞いにタロットカードも学びに行きました。

タロット

ですので、昔は、
自分の本当の気持ちと向き合うために、
タロットカードもよく使っていました

今は、使う必要がなくなったって感じで、頻度は極端に少なくなりましたが
今でも、考えあぐねると、考える方向のバリエーションの一つとして
タロットカードが登場することがあります^ ^
 
占いは、当たる当たらないよりも、
・どう考えるヒントになるか
・ワクワクする未来が描けるか
・そのためにこうしようって思えるか

が大事たと思っています。

それは、カウンセリングも一緒ですね。

そして、占いもカードも、出来事も
全ては、自分を知り、考えて決めていくためのきっかけのひとつ。
今は、そんな風に考えています。


コメント

タイトルとURLをコピーしました