これが大事!ミリオンリラー☆アドラー心理学「嫌われる勇気」おすすめガイド

岸見一郎さん 生き方



 勇気の心理学
 アドラー心理学をわかりやすく伝えた
 「嫌われる勇気」

書籍紹介

タイトル嫌われる勇気
おすすめ度 5.0                            
著者岸見一郎, 古賀史健
出版社ダイヤモンド社
初版2013年12月12日
定価1,500円+税

こんな人にオススメ

  • アドラー心理学に興味がある人、学びたい人
  • 人に頼まれると断れない人
  • やりたいことがあるけど、なかなか始められない人
  • 嫌われるのが怖い人
  • 失敗が怖い人
  • 人が怖い人

この本を読むことで得られる効果

  • アドラー心理学がわかりやすく学べます
  • やりたいことをやってみようという「勇気」が湧いてきます
  • どんな順番で幸せな世界にいけるのか、アドラー式手順が実行できるようになります
     

刺さるポイント

このタイトルは衝撃でしたね!
本当に大事なことを一言で言われた感がありました

アドラー心理学は、コーチングの世界では身近で有名でしたが、
この本のおかげでたくさんの方に知られることになりました。

嫌われるのを恐れ、承認を求めて、人の期待に応えながら、幸せを感じられていない青年
アドラー心理学を教える哲人2人の会話として本が進んでいくので、とても読みやすく
わかりやすいです。

安易に言葉だけを聞くと誤解してしまいそうな教えを
青年の誤解を解いていく手法で、誤解のなきよう
詳しく丁寧に伝えられています。

耳障りのいいことだけをさらっと書かれている、
読んだだけでそうなれた気がして気分が上がる本ではなく、

厳しい耳の痛い本当のことも突きつけられる本。
とても中身がぎゅっと詰まっている本
です。

こういう本が売れるのは嬉しいです^ ^

特に、挫折期にいる方に届いて欲しく
転換期を迎えるきっかけになるといいなあと願います


それは「勇気の問題」である。

スクールカウンセリングをしていると感じることです。

スクールカウンセリングでは
長く休むことで、教室に入りづらくなる子もいて

でも、その「みんなに会いづらい」「なんて思われてるだろう・・・」という思いは
なくなるものではなくて、逆に、休めば休むほど大きくなるものです
そして、1度そこを通ってしまえば、なんということがなくなる

実際、そうして行けるようになる子も多くみています


つまり、「その思いがなくなったら動く」ではなくて
そんな気持ちを持ったまま動く「勇気」の問題。

そんな子達にとって、勇気づけられる存在に慣れたらと
関わっています


一度読んでも、また読むと
その時その時で、改めて考え、身につまされる内容です

電子書籍派はこちら

講演会にて(講演会の感想、レポートはこちら)。
とても穏やかで優しいお人柄に、
後日、京都のオフィスにお邪魔させていただきました^ ^

関連本


電子書籍派はこちら

 

関連作品

  


コメント

タイトルとURLをコピーしました