失ってわかった左脳と右脳の働き!「奇跡の脳」おすすめガイド

奇跡の脳

 脳科学者が
 脳卒中を起こしたことで、
 右脳・左脳の働きが明らかに!!

 衝撃的な内容でした!

書籍紹介

タイトル奇跡の脳            
おすすめ度5.0
著者ジル・ボルト・テイラー                           
出版社新潮文庫
初版2009年4月1日
定価630円+税

こんな人にオススメ

  • 右脳・左脳の働きを知りたい人
  • 心理について学んでいる人
  • ヨガ(瞑想)を学んでいる人
  • スピリチュアルを学んでいる人

この本を読むと得られること

  • 左脳・右脳の働きの違いを、
    左脳を失った脳科学者の体験談として知ることができます
  • 「心の平和とは何か」がわかるようになります
  • 「瞑想とは、何をしているのか」がわかるようになります
  • 「ワンネス」をより理解できるようになります

刺さるポイント

この本は、脳卒中で倒れた脳科学者が、自分の脳の変化を綴ったもの。

発症から、8年に及ぶリハビリを経て復活するまで。
その一部始終が脳科学者の視点から書かれている。

それはもう、研究や実験では、得難い内容が詰まっています!!

脳卒中で左脳が機能せず、右脳だけになっていくとどうなるのか、何を感じるのか。
リハビリにより、左脳が回復してくると何が起こるのか。

著者は、右脳だけの世界から、左脳の世界に戻ってくるのが億劫だった。
できれば、右脳の世界に浸っていたいとさえ思った。

それだけ、右脳の世界は幸せに満ちているということだ。
しかし、右脳だけでは、生活ができない。

そこには、私たちの不幸を作り出すのは「左脳」であり、
私たちが、左脳とどう付き合っていけば良いかの答えがある。
 

コメント

タイトルとURLをコピーしました